今すぐお金を借りる方法【お金の借り方】2017年版

今すぐお金を借りる方法【お金の借り方】2017年版

今すぐお金を借りたい方から、銀行でお金を借りる方法をなど審査・申込み情報を公開しています。また、カードローンやクレジットカードでも借入可能なのをご存知ですか!?

お金の借り方「ポイント!」

【銀行|即日融資】まで

初めてお金を借りる時、どこで借りたらよいのかよく分からないですよね! お金を借りる前に 疑問や不安を解決してから、ご自身に合ったお金の借り方を選択しましょう♪

目的別で選ぶ

お金を借りたい時の【2大目的】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が柔軟で即日融資可能な大手銀行系の消費者金融をチョイス!!

業者別で選ぶ

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 審査 総量規制
▼ 銀 行
低金利
重視
★★★☆☆
普 通
★☆☆☆☆
低 め
★★★★☆
厳しめ
対象外
年収の3分の1以上OK
▼ 消費者金融
スピード重視
★★★★★
早 め
★★★★☆
高 め
★★☆☆☆
柔軟性あり
対 象
原則年収の3分の1まで

※会社によって詳細は異なります。


会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
モビット 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆
イオン銀行BIG 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★★☆☆
イオン銀行イオンアシストプラン 3.8% 〜 13.5% 30〜700
万円
★★☆☆☆

借りる目的をはっきりさせよう!

初めてお金を借りる時、どこで借りたらよいのか、そもそもどこで貸してくれるのか、お金の借り方よく分からないですよね! まずお金を借りる前に、疑問や不安を解決してから、ご自身に合った借り方を選択しましょう♪

すぐにお金を借りたい時のポイント

月末にお金が急に必要になったなど、即日融資したい場合のすぐにお金を借りる方法をご紹介しています。 急いでいる時のポイントはお申し込み時間と業者毎に異なる審査スピードが重要になってきます。

一般的に「消費者金融」言われる業者は、審査の内容やスピードが、銀行よりも早めと言われています。 しかし、消費者金融ではなんだか不安と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 当サイトでは、一般的に言われている消費者金融の中から、銀行系・大手の安心業者のみをご紹介しています。

お金の借り方【豆知識】

お金を借りれる機関(個人の場合)

公共機関 個人が公共機関からお金を借りる場合には下記のような方法があります。 総合支援金、生活保護、雇用保険、教育訓練給付、年金担保、被災者生活再建支援などなど。 詳しくはお住まいの市区町村の公的機関にお問い合わせください。

▼詳細

銀行 銀行からお金を借りる方法は、ローンを組む(住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど)方法と、カードローンでお金を借りる方法があります。 一般的には、ローンを組む方が審査が複雑になる分低金利で借入できます。逆にカードローンは借りやすい文、 ローンを組むよりは多少金利が高めになりますが、それでも、一般的な消費者金融に比べると低金利で借入できます。

▼詳細

消費者金融 とにかく急いでお金を借りたい場合は、消費者金融でお金を借りるとよいでしょう。 しかし、「闇金」と言われる業者を選択してしまうと、とても高い金利をとられてしまったり、 取り立てが厳しくなるといったトラブルが心配ですよね。そこで、大手銀行の消費者金融を選択しますと、 金利は銀行のカードローンよりは多少高めにはなりますが、それでも法外な利息を要求されることはありませんし、 なにより安心感が違いますので、銀行系の消費者金融を選択されることをお勧めします。

▼詳細

お金を借りれる機関ではそれぞれ特徴があります。 今回は個人がお金を借りる場合の期間を記載しましたが、事業者や、起業者がが借りる場合など、借りる側の形態によっても借りる方法は変わってきます。

初めてのお金の借り方

初めてお金を借りるときは不安もあるかと思いますが、事前にしっかり調べることで、安全・納得の情報を得ることができます。 このサイトを参考情報のひとつとして頂ければ幸いです。 お金を借りる方のなかには、何度も借り入れを繰り返している方や複数の業者から多額のお金を借りている方などもいますが、 そういった方はお金の借り入れがしにくくなる傾向があります。 逆に、すでに複数社から借入れしている方と比べて、 圧倒的に高確率で審査を通過できる“初めてお金を借りる方”は、借入申し込み条件が良く、お金を借りやすいという特徴があるため、 審査が通りやすいという利点を活かして、『銀行系カードローン』にてお金を借りることをお勧めします。

『銀行系カードローン』は、カードで現金自動支払機を利用して、あらかじめ決められた融資限度額まで何度でも借り入れができるローンサービスですが、 大手の銀行がサービスを提供しているということで、多くのメリットがあります。 『銀行系カードローン』は総量規制がないことが大きな特徴となり、 貸出額を多くできる銀行ならではの“おまとめローン”など複数ローンを一本化するサービスなどがあります。 また、低金利で融資を受けられることや、 借入額が大きいことなどのも魅力です。

『銀行系カードローン』は、インターネット、モバイル、電話、銀行窓口、郵送、FAXなどで気軽に申し込むことができます。 審査はほかの消費者金融などよりも厳しく、少し時間がかかるという点はありますが、“初めてお金を借りる方”は審査に通りやすいので有利です。 “初めてお金を借りる方”は、ぜひこの有利で安心な『銀行系カードローン』を利用しましょう。

お金を借りる方法

お金を借りる方法には、いくつかの方法があります。 銀行でお金を借りる方法や、キャッシングで低金利にお金を借りる方法、 郵便局でお金を借りる方法、土地を担保にお金を借りる方法など、さまざま。 ほかにも会社でお金を借りる方法や、 国からお金を借りる方法など、多くのお金を借りる方法があるので、借り入れをする方の希望にあった方法にて、借り入れをすると良いでしょう。

また、お金を借りる方法によって借り入れ条件や審査条件もさまざまなので、 「少しでも金利を抑えたい」「高額融資を受けたい」「すぐに融資を受けたい」など、目的に合わせて借入先を変えるのも有効的です。

≪お金を借りる目的別の借入サービス≫
銀行系カードローン
多目的利用のための借入
住宅ローン
住宅購入のための借入
リフォームローン
住宅のリフォームを行うための借入
教育ローン
使途を教育関係経費に限定したローン教育のための借入
自動車ローン
自動車購入のための借入
ビジネスローン
中小企業向けの無担保事業者ローン

≪お金を借りる方法≫
・申込条件を確認して、インターネット、モバイル、電話、銀行窓口、郵送、FAXなどで申し込む
・銀行より審査の回答がある
・融資が決まったら、運転免許証、健康保険証、パスポートの写しなどの必要書類の提出
・指定口座への振り込みや、契約ATMでの現金受け取り借入先によって条件や借入方法なども変わってくるので、ご注意下さい。

お金を借りる時に行う審査方法とは
キャッシングやローンを申し込む場合には、金融会社の審査を受ける必要があります。 審査方法とは収入の状況や他社からの借り入れがあるかどうかを判断する方法が多く、信用情報があるかどうかを調査します。 審査の手順とは、勤務している企業に在籍確認を行い、その後に信用機関に信用情報を調査する方法で行われます。 在籍確認を行う方法とは、担当者が個人名で企業に電話をかけ申込者が実際に在籍しているかどうかを調査します。 信用情報の調査とは、信用機関に他社からの借り入れの状況や返済履歴などを調査し、正しく行われなかった場合は滞納などが多い場合には審査に通らなくなります。 お金を借りるにはこれらの審査において不備がないようにする必要があるために、事前に信用機関に照会を行い信用情報を調査しておくと便利です。 他社での申し込みを行った場合には申し込み履歴などもきちんと残るために、審査が通らないと次に申し込む方法はやってはいけないことです。 短期間に続けて申し込む方法は、金融会社側から見ると信用情報が明らかに低いと捉えられることが多いからです。 信用機関の情報は複数の金融会社と共有することができ、審査に有利なように虚偽の情報を記入するとすぐに判明するためにかえって逆効果になります。 お金を借りることは信頼関係を強固なものにする必要があるために、信用を低下させる行動はやってはいけないことであり虚偽の情報を記入するとどの会社で申し込んでも同じ結果になります。

お金を借りる方法とそのメリットデメリットとは
今すぐに40万円キャッシングするにはカードローンが便利ですが、お金を借りる方法は主に2種類あります。 1つ目は、銀行のカードローンです。 これには本人確認書類が必要で、例えば、健康保険証やパスポートなどです。 また希望の借入額次第では、源泉徴収票等の収入証明書も必要です。 銀行のカードローンの魅力は信頼性と低金利にあります。 ローンでお金を借りる用途は自由で、申し込みもパソコンやスマートフォンで24時間何時でも受けつけています。 申し込む際は、現時点での年齢が20歳を超えており65歳までの方で、安定した収入がある方なら学生や主婦でも利用可能です。 銀行での借り入れの特徴は、総量規制の対象外なので、ある程度収入がないと借りられる訳ではありません。 つまり消費者金融よりも借入上限額を高めにする事が出来るのです。 では2つめなのですが、銀行が関与している消費者金融での借り入れです。 インターネットで申し込みをして審査結果を待ち、希望額の融資が可能なら契約します。 ここまでを当日の午前中に行えば、即日融資は可能です。 金利は銀行に比べればやや高めにはなりますが、保証人不要で毎月返済していると完済した場合には何度でも利用出来ます。 特徴は、その早さと土日でも借りられる安心感です。 返済は専用の機械やコンビニから可能です。 忙しい時にすぐに現金が引き出せる様に時間の余裕がある日にカードを作っておくと、スムーズに借り入れ出来ます。 無人契約機もあるので、対面では恥ずかしいという方でも安心です。

銀行からお金を借りるにはそれなりの理由が
銀行からお金を借りた経験がある方、結構面倒な手続きが必要と感じたものかもしれません。 それだけ慎重に貸し出しをすることも特徴と思われます。 また借りる場合には、はっきりとした目的が必要になります。
住宅を建てた時のローンですとか、新車を購入した時のローンなどの大きなお金を必要とした時に貸してもらうことになると考えられます。 もちろん、利息も付き、払うことになるのでしょう。 書類の提出、審査等に時間もかかり、今日・明日に貸してくれると言うことにはあまりありませんので、少し面倒と思ってしまうかもしれません。 または定期預金などを組むことで、その範囲内であればいくらでも貸し出しが可能と言う便利な借り入れ方法もあるのです。 しかしあくまで定期預金があると言う条件になりますので、余裕のある人でなければなりません。 銀行と言っても、大手と言われ大きな会社とか企業を主体に貸し出しを行なっているところもあれば、信用金庫のように町の商店街の人たちのためにあると言うところまで様々あります。 一般人と言われる人たちが、このいずれに行ったとしてもお金を借りる方法を利用することは可能です。

しかし一番取引がしやすいと感じられる銀行は、信用金庫のような親しみのある感じがするところではないでしょうか。 もしくは自分の勤める会社と取引のある支店などと掛け合うことで、信用度も増すこともあるのでしょう。 いずれにしても、借りる目的がはっきりして返済予定もキチンと立っていることが先決になるのです。

自分に合ったお金の借り方を見つけましょう。
先ずは、大体の方がお金を借りる方法やお金を借りるための手段を考えたときに思い浮かべるのが銀行や金融機関によるキャッシングやカードローンという手段を思い浮かべるはずです。 そして、借りるための目的としては住宅や自動車による担保ローンは勿論、最近ではキャッシングやカードローンが比較的使い道が自由なことからレジャーや旅行など自分の趣味などに使う方が大多数と言えます。

その中でも自分に合った方法を考えたときに有意義な手段として事業や投資にお金を使う方というのが最近では増えています。 例えば投資の条件としては、50万を借りたとき月に掛かる利率が1.5%であれば利息は7500円となり、1日辺に掛かる利息は250円となります。 一般的に言われている株やFXの投資システムなどでは投資率の還元は年で35%位であると言われています。 この時50万を投資に使用した場合の1ヶ月の投資回収額は約15000円弱となり、返済条件によっては元金と利息の両方を支払うことが可能となります。

また、FXなどは雑収入と呼ばれ課税範囲は20万円を越えたところからとされているために50万投資による還元率35%の時は15000円全部を返済に回しても何も問題になりません。 2階目以降の返済からは僅かながらでも利益を蓄積出来る計算になります。 実際にはお金を借りる方法やお金を借りる条件や利率などの変動によって一概に言えることではありませんが、このようなお金の借り方も念頭に置いておくと自分の人生をより良く設計できると言えます。


低金利でメリットたくさん、安心のお金の借り方を学んで無理なく返済

銀行でのお金の借り方は、借入を申し込む時に20歳以上60歳未満の方である事と継続して収入がある方、指定する保証会社の保証が受けられるか、日本在住の方という条件があります。 他にも消費者金融や町の貸し業者でも借りられますが、2010年に消費者を守る規制が出来て、年収の3分の1を超える借入が出来なくなりました。 この制度は消費者金融や貸金業者にのみ適応されますので、銀行は信用金庫は適応外です。 一番の魅力はやはり低金利で安心して借りられるという事ではないでしょうか。 お金を借りる目的がはっきりしているのであれば、住宅ローン、自動車ローン、子供が進学すると教育ローン等それぞれの用途にあったローンがお得ですが、審査に時間がかかってしまったり個別に複数の契約をしないといけなかったりで何かと不便です。 目的がはっきりとしていない、もしくは言いたくないという方や、初めて借りる方には大手のカードローンがスムーズなのではないでしょうか。 契約金額内で何度も借りられ即日利用可能です。 書類も免許証や保険証の身分証明書のみで問題ございません。 金利も平均しますと、5〜15%と低めですし保証人や担保も必要ありません。 返済負担も軽くて済みます。 10万〜500万と融資幅も広いです。 最近では、数あるローンを1つにまとめて金利の負担を軽減する目的で利用する方も多い様です。 入会費や年会費無料のプランが殆どです。 この機会にお金の借り方を改めてみませんか。



安心な銀行系キャッシングを利用しましょう

キャッシングには銀行系と消費者金融系があります。 銀行ですと、その知名度や、社会的な立場から、「安心」というイメージがあるために、お金を借りるなら銀行でお金を借りたいと思われる方も多いです。 銀行系ならば、その名の通り、銀行が直接取り扱いを行っていて、低金利で高い限度額(300万円まで)のローンをお願いする事が可能です。 貸金業法という法律で、消費者金融機関はキャッシング利用者の年収の1/3までしか、お金を貸したらいけないことになっています。 しかしそのキャッシングはこの貸金業法で統治されていませんので、もう少しお金が必要な方には最適なお金の借り場所なわけです。 ところが、銀行で高い限度額を借りる事を実現化するためには、消費者金融に比べると、いささか審査が厳しい、という点があります。 審査が厳しい、といっても、理にかなっている審査で、キャッシングをお申し込みする銀行にご自分の口座を持っているか、という事がメインと成ります。 ただし、キャッシングをしたいが為に急いで口座を開設しても、それまでの取引の履歴を表す、クレジットヒストリーがない場合は、時と次第によっては審査で断られたり、様々な提出書類を要求され、長い審査時間を要する事があるようです。 また、銀行系キャッシングの事を古くから、しばしば、ローンと呼ぶのですが、借りたお金はきちんと毎月期日までに返済するように、しっかり返済計画を立てましょう。 そうでないと、いつかもっと大きなお金を借りたい時に、クレジットヒストリーを調べられてお金を貸してもらえなくなってしまいます。 しかしそれさえきちんと守っていれば、大変便利で安心なキャッシングの方法です。



低金利でメリットたくさん、安心のお金の借り方を学んで無理なく返済

銀行でのお金の借り方は、借入を申し込む時に20歳以上60歳未満の方である事と継続して収入がある方、指定する保証会社の保証が受けられるか、日本在住の方という条件があります。 他にも消費者金融や町の貸し業者でも借りられますが、2010年に消費者を守る規制が出来て、年収の3分の1を超える借入が出来なくなりました。 この制度は消費者金融や貸金業者にのみ適応されますので、銀行は信用金庫は適応外です。 一番の魅力はやはり低金利で安心して借りられるという事ではないでしょうか。 お金を借りる目的がはっきりしているのであれば、住宅ローン、自動車ローン、子供が進学すると教育ローン等それぞれの用途にあったローンがお得ですが、審査に時間がかかってしまったり個別に複数の契約をしないといけなかったりで何かと不便です。 目的がはっきりとしていない、もしくは言いたくないという方や、初めて借りる方には大手のカードローンがスムーズなのではないでしょうか。 契約金額内で何度も借りられ即日利用可能です。 書類も免許証や保険証の身分証明書のみで問題ございません。 金利も平均しますと、5〜15%と低めですし保証人や担保も必要ありません。 返済負担も軽くて済みます。 10万〜500万と融資幅も広いです。 最近では、数あるローンを1つにまとめて金利の負担を軽減する目的で利用する方も多い様です。 入会費や年会費無料のプランが殆どです。 この機会にお金の借り方を改めてみませんか。