低金利でメリットたくさん、安心のお金の借り方を学んで無理なく返済

銀行でのお金の借り方は、借入を申し込む時に20歳以上60歳未満の方である事と継続して収入がある方、指定する保証会社の保証が受けられるか、日本在住の方という条件があります。 他にも消費者金融や町の貸し業者でも借りられますが、2010年に消費者を守る規制が出来て、年収の3分の1を超える借入が出来なくなりました。 この制度は消費者金融や貸金業者にのみ適応されますので、銀行は信用金庫は適応外です。 一番の魅力はやはり低金利で安心して借りられるという事ではないでしょうか。 お金を借りる目的がはっきりしているのであれば、住宅ローン、自動車ローン、子供が進学すると教育ローン等それぞれの用途にあったローンがお得ですが、審査に時間がかかってしまったり個別に複数の契約をしないといけなかったりで何かと不便です。

目的がはっきりとしていない、もしくは言いたくないという方や、初めて借りる方には大手のカードローンがスムーズなのではないでしょうか。 契約金額内で何度も借りられ即日利用可能です。 書類も免許証や保険証の身分証明書のみで問題ございません。 金利も平均しますと、5~15%と低めですし保証人や担保も必要ありません。 返済負担も軽くて済みます。 10万~500万と融資幅も広いです。

最近では、数あるローンを1つにまとめて金利の負担を軽減する目的で利用する方も多い様です。 入会費や年会費無料のプランが殆どです。 この機会にお金の借り方を改めてみませんか。

安心な銀行系キャッシングを利用しましょう

キャッシングには銀行系と消費者金融系があります。 銀行ですと、その知名度や、社会的な立場から、「安心」というイメージがあるために、お金を借りるなら銀行でお金を借りたいと思われる方も多いです。 銀行系ならば、その名の通り、銀行が直接取り扱いを行っていて、低金利で高い限度額(300万円まで)のローンをお願いする事が可能です。 貸金業法という法律で、消費者金融機関はキャッシング利用者の年収の1/3までしか、お金を貸したらいけないことになっています。

しかしそのキャッシングはこの貸金業法で統治されていませんので、もう少しお金が必要な方には最適なお金の借り場所なわけです。 ところが、銀行で高い限度額を借りる事を実現化するためには、消費者金融に比べると、いささか審査が厳しい、という点があります。 審査が厳しい、といっても、理にかなっている審査で、キャッシングをお申し込みする銀行にご自分の口座を持っているか、という事がメインと成ります。

ただし、キャッシングをしたいが為に急いで口座を開設しても、それまでの取引の履歴を表す、クレジットヒストリーがない場合は、時と次第によっては審査で断られたり、様々な提出書類を要求され、長い審査時間を要する事があるようです。 また、銀行系キャッシングの事を古くから、しばしば、ローンと呼ぶのですが、借りたお金はきちんと毎月期日までに返済するように、しっかり返済計画を立てましょう。 そうでないと、いつかもっと大きなお金を借りたい時に、クレジットヒストリーを調べられてお金を貸してもらえなくなってしまいます。 しかしそれさえきちんと守っていれば、大変便利で安心なキャッシングの方法です。