銀行キャッシング

銀行でキャッシングする方法

銀行のメイン業務といえば、預金などのお金を貯める&増やすサービスが浮かぶ方も多くいらっしゃるかもしれませんが、同じように、銀行でお金を借りることもまた、メインの業務となっています。 特に、誰もが知っている住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやリフォームローンなどは利用者も多くなっています。 そんななかで、銀行でキャッシングする方法として注目を浴びているのが、銀行カードローンです。 この銀行カードローンは、テレビコマーシャルでも頻繁に広告がうたれていて、どんどん身近になってきているキャッシング方法です。 こちらでは、初めて銀行でキャッシングするといった方にもご安心いただけるような銀行でキャッシングする方法をお伝えしていきます。

銀行でキャッシングする方法のなかで人気のカードローン

銀行でキャッシングする方法のなかで普段使いとして人気が高いカードローン。 借りたお金を自由に使えるので、家を買うから住宅ローンの契約をして、車を買うから自動車ローンの契約をして、塾の入会金が必要だから教育ローンの契約をして...といった具合に、 個別にひとつひとつ契約手続きをする必要もなく、ひとつのカードローン契約だけで、借りたお金をさまざまな用途に使用することができます。 また、ちょっとしたお金がちょっとだけ足りないからお金を借りたい!お給料日前になると毎月少しだけお金が厳しいから一時的にお金を借りたい!などの何気ない普段使いでの借り入れもできるので、その点でも助かります。

銀行のキャッシングを利用するための条件

金融機関からお金を借りるための基本的な条件は「20歳以上の安定した収入のある人」ということになります。 年齢については学生ローンでは20歳未満でも利用することができますが、一般的なキャッシングでは未成年の利用は禁じられています。 また収入についてですが、一定期間継続的に収入が見込める場合には安定的な収入があるとみなされるため、キャッシングを利用することができます。 お金を借りる場合には正社員でなければ無理ではないかと考えている人も多いですが、実際にはアルバイトやパートであってもお金を借りることができます。 ただし、日雇いのような仕事の場合には安定的な収入があるとみなすことができないため利用できないことがあります。 さて、銀行系のキャッシングサービスが消費者金融と最も異なる点は、金利が低く設定されているということです。 同じ金額を借りたとしても金利が数%変わってくることもよくあります。 この理由としては、一つは銀行のほうが審査基準が厳しめであるということです。 審査基準が厳しいということは借り手を選んでいるということになります。 返済が滞ってしまう可能性のある借り手を弾くことで貸し倒れのリスクを最小限に抑えて、その分金利を低く設定しているわけです。 もう一つの理由としては資金調達コストが安いということです。 消費者金融の場合は利用者に貸し出すためのお金を借りて調達する必要がありますが、銀行の場合には内部の資金を利用するため資金調達のコストが掛かりません。 その分、金利を低く設定できるというわけです。

関連ページ

銀行でのお金の借り方
銀行 お金の借り方|銀行でお金を借りる方法をご紹介!
銀行カードローン
銀行のカードローンからお金を借りる方法!お金の借り方をご紹介!
銀行のローンを組む
銀行でローンを組む方法をご紹介しています![審査・条件]

PAGE TOP