りそな銀行からお金を借りる方法とは

音響機器・ゲーム機器分野に強い家電大手の一角が設立したソニー銀行の歴史

ソニー銀行は、パソコン機器や音響機器、ゲーム機器を製造しているメーカーのソニーと三井住友銀行が出資して設立された銀行です。 その設立年月は、2001年4月となっています。 当時はバブル崩壊により金融ビッグバンが叫ばれた時代であり、銀行・証券・消費者金融等の垣根が取り払われ、畑違いの流通や製造メーカーでも許可が下りれば銀行を開設できる状況になりました。

そのため、比較的早い段階で、製造メーカーが設立された銀行として世間一般でも話題となっています。 そして、音響機器でも名高く「世界のソニー」というネームバリューも貢献して、一躍脚光を浴びていたのがソニー銀行でもあります。

特に既存の銀行のように店舗や窓口を設けず、インターネット専門の銀行としての特徴が見られます。 設立したときの目的が個人のプライベートファイナンス事業に焦点を当てたことで、小口リテール取引を主体として、取引手数料と住宅ローンでの利息収入を収益の根本にしています。

特に住宅ローンは、2002年に開始されましたが、インターネットバンクの中でも初めて手がけた分野です。 そういったことから個人での預金残高も多く、他に外貨預金にも強い特徴があります。 なお2007年には定評がある住宅ローンのサービスを同じ傘下であるソニー生命保険とタイアップして、営業職員を媒介しての住宅ローンの申し込み業務を始め、 2010年には東京駅の八重洲口前ビルで「住宅ローンプラザ」を開設しています。 2012年には子会社であるソニーバンク証券をマネックスに売却するなど、再編も行っております。

PAGE TOP