未成年の方がお金を借りる方法とは

未成年がお金を借りることはできるのか

法律上、未成年にお金を貸した場合には保護者の契約破棄権が認められています。
保護者の契約破棄権とは、保護者がその契約は無効であると主張することができる権利で、契約が無効になれば借りたお金の返済義務は生じません。
そうなると損をするのはお金を貸した側ですね。
ただ、法律で未成年にお金を貸すことを禁止しているわけではないため、保護者の契約破棄権を認められなくすれば融資を行ってもこのようなトラブルが起きることはないでしょう。
そこで各金融会社は、法定代理人の同意を取ることで未成年にも融資をすることを可能としました。
つまり、保護者の同意があればお金を借りることができるというわけです。
しかし、原則として殆どの金融会社では20歳以上を融資対象としており、仮に20歳以下への融資を可能としている金融会社でも18歳以上を融資対象としているため親の同意があろうが高校生の借り入れは不可能となっています。
また、収入があることが前提ですので、契約者本人が安定した収入を得ている必要があります。
この収入源はアルバイトでも構いません。
その上で、審査条件を学生の標準に合わせた学生キャッシングというキャッシング商品に申し込んでみましょう。
ちなみに、20歳以下でも結婚している場合は成人と同様に扱いになるため保護者の同意は必要ありません。
ただし、保護者の契約破棄権も認められることはないので、責任を持って利用しなくてはならなくなります。

関連ページ

主婦・パートお金の借り方
主婦・パートお金の借り方をご紹介しています!

PAGE TOP