ブラックリストとは

正しく知っておきたいブラックリストのこと

ブラックリストはお金にだらしがない人だけに関係があるものだと思っていませんか。
実際には信用機関(銀行・消費者金融など)が返済能力のない人にお金を貸さないようにするための情報で、事故情報として登録しているものです。
借金をしていれば事故情報に掲載されると思っている方もいるようですが、借金をしたくらいでは掲載されません。
返済が滞った場合(3カ月が相場)の延滞・保証人・保証会社が返済した場合の代位返済・自己破産・任意整理・民事再生を行った場合の債務整理が基準となります。
リストに掲載されている間は、当然ですがお金の借り入れをすることができません(ローン・クレジットカードの作成など)。
掲載期間は手続きの方法にもよりますが、5年〜10年ほどは掲載されると見ておきましょう。
しかし、借金の返済が終わった場合、ブラックリストからの情報削除をしてもらえるケースがあります。
ブラックリストは多額の借金が原因と思っている方も多いですが、実際には少額の借金でも起こりうる問題です。
例えば、携帯電話の支払いが約3カ月ほど滞っただけでも掲載される可能性があるので、借り入れをしていないから問題ないと安易に考えるのはやめましょう。
何かの手違いで忘れていたというだけでも対象になってしまうので、思い当たる節がなくてもローンが組めなかったという事例もあります。
収支のバランスをしっかりと把握しておくことが、情報掲載の回避になります。

関連ページ

カードローンとは
カードローンとは〜お金の借り方勉強コーナー1〜
消費者金融とは
消費者金融とは〜お金の借り方勉強コーナー1〜

PAGE TOP