保証人とは

お金を借りる場合の保証人

お金を借りる場合は保証人を付けないと借りられないケースがあります。 それは主に金融機関から大きな金額を借りる場合には連帯保証人が必要になってくるでしょう。 またそれとは他に担保を付けるということもあります。
ただお金を借りる場合に全てのケースで保証人が必要かと言えばそうではありません。 例えば消費者金融で少額のお金を借りる場合は簡単な審査で借りることができます。 少額のお金を借りる場合でも一々そういった保証を付けたりすることは手間がかかりますし余り意味がないと言えます。
融資については効率化されているところはされていると言えるでしょう。 融資の基準が厳しいところは一般的に言えば銀行ということになります。 何故銀行の融資が厳しいのかと言えば、大きな金融機関ほど国の規制や、世界的な銀行規制が厳しいからです。
これは金融不安が起こらないようにするために規制が厳しくなっています。 仮に大銀行が取り付け騒ぎを起こしたら次々と連鎖的に金融不安が始まってしまう恐れがあります。 それを回避するために大きな金融機関ほど規制が多くあります。
そういう背景がありますので一般的な借り入れであれば、キャッシングなどを利用した方が手軽です。 お金を借りるまでの期間も早いですので審査がスピーディーと言えます。
最近ではインターネットでも借り入れの手続きができるのでより身近なものとなっています。 消費者金融の企業自体も大企業傘下のところが増えていて信用度が以前よりも格段に増していると言えます。

関連ページ

ネットキャッシングとは
ネットキャッシングとは〜お金の借り方勉強コーナー2〜
連帯保証人とは
連帯保証人とは〜お金の借り方勉強コーナー2〜

PAGE TOP