連帯保証人とは

お金を借りた本人と一蓮托生の連帯保証人

お金を借りる際に、貸す側から立てることを要求される場合が多いので、連帯保証人という言葉自体は耳なじみがある言葉だと思う方が多いかと思います。
ただ、それがどんな役割を負う人なのかを正しく理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。
簡単に説明すると、お金を借りた本人と一緒に、借りたお金の返済に関して責任を負う人のことを指すと言えます。
ですから、返済に何らかの問題があった際には、お金を借りた人だけでなく、連帯保証人のところへも取り立てが来るのです。
しかも、「連帯」と付かないただの保証人であれば、取り立てが来た際に、まずはお金を借りた本人から取り立てを行ってもらって、その残りだけを支払いたいと希望を出すことができますが、「連帯」と付いている保証人の場合には、お金を借りた本人への取り立てがまだであっても、お金を借りた本人への取り立てを先にしてくれるように頼むことはできません。
つまり、自身はお金を借りていなくても、お金を借りた本人と同じ分の重い責任を負う必要があるということなのです。
ですから、もしも誰かに連帯保証人としての役割を負ってくれるように依頼された場合には、ある日突然、依頼してきた人が借りていたお金の全額を返済するように求められても了承できるくらいの覚悟を決めてからにするべきだと言えます。
また、逆に、この役割を負ってくれるよう自分が誰かに依頼する場合には、とても覚悟が要ることを相手に要求していることを自覚して、誠心誠意頼み込むようにすることが必要になるでしょう。

関連ページ

ネットキャッシングとは
ネットキャッシングとは〜お金の借り方勉強コーナー2〜
保証人とは
保証人とは〜お金の借り方勉強コーナー2〜

PAGE TOP