自己破産とは

自己破産とはどのような手続きか

借金は順調に返済していくことが望ましいですが、時としてその返済が順調にいかないこともあります。 何らかの理由があって、これ以上の返済が厳しくなった場合、債務整理も検討していきたいところです。
借金を返済するために新たに借り入れを増やすなどは一時しのぎにしかならず、あとでさらに苦しむこととなりますので、借金を増やすことは避けたいところです。 債務整理を行うとかなり借金が減額され返済が楽になりますので、それぞれに合った方法を見つけていき解決していきましょう。
良い方法が見つからない場合は弁護士や司法書士などの専門家のアドバイスを受けるという方法もあります。 安定した収入があれば任意整理なども良く選ばれますが、借金を減額してもなお、返済が厳しい場合は自己破産も考えていくこととなりますが、まずはその特徴をしっかり理解しておくことが大切です。
自己破産は自ら裁判所に申し立てる破産のことで、返済能力がないと認められると借金は返済しなくて済みますが、もちろんただで借金がなくなるわけではありません。 破産宣告を受けた場合は必要最小限の生活費や家財などを残して価値ある財産や家財は没収され、それが債権者に渡されることとなります。
そして資格や仕事にも制限が出る場合もありますし、破産後の数年間は新たにカードを作ったり、借り入れが行えなくなるということも理解しておく必要があります。 どうしても借金問題を解決できない場合は有効な方法とも言えますが、メリットばかりではなくリスクについてもよく理解しておきましょう。
そして破産後得た財産についてはこちらは自由に使えるようになっています。

関連ページ

債務整理とは
債務整理とは〜お金の借り方勉強コーナー3〜
日本クレジットカウンセリング協会とは
日本クレジットカウンセリング協会とは〜お金の借り方勉強コーナー3〜

PAGE TOP