お金の借り方基礎知識

お金の借り方基礎知識

年末調整と確定申告の違いとは何か

年末調整は、会社員や公務員などの給与所得がある人に対して1月から12月の1年間の間に支払った源泉所得税に対して、12月の最終給与の支払日にその過不足を調整することです。
この調整を行いますと、給与所得者は確定申告をする必要がなくなります。
年末に税金の調整を行う必要があるのは、源泉徴収で払っている税金の額と本来支払うべき所得税の額にズレが生じるからです。
給与から源泉徴収されている所得税には、高額医療費や生命保険料の支払いなどが反映されていません。
また、年度内に子供が生まれたりなどした場合はそれも反映させなければなりませんが、調整をしなければそれが行われません。
このため毎年年度末に正しい税金の支払額を精算する必要があります。
一方確定申告は、1月1日から12月31日までの課税期間に得た所得の総額を計算して所得税の額を確定して申告することです。
この申告では収入を得た後に税金を精算することになります。
年末調整と確定申告の違いは、前者は給与の天引きで税金を先払いした分を調整することで、後者は、申告した後に税金を後払いすることです。
このため税金の申告を行った場合は税金を支払う分のお金をきちんと残しておかなければなりません。
給与所得の人でも税金の申告をしたほうが良いケースがいくつかあります。
2000万円以上の高額の年収を得た人や、新しく自宅を購入して住宅ローンの控除を受けたい場合などは、税金の申告をしたほうが金銭的に得になります。

 

お金の借り方基礎知識エントリー一覧

融資を受けたら、そのお金は必ず返していかなくてはいけませんので、返済計画はきちんと立てましょう。元金だけではなく利息も支...

≫続きを読む

いざと言う時に、強い味方になってくれるカードローンですが利用した事のない方には、結構不安に感じてしまう事もあると思います...

≫続きを読む

銀行でお金を借りるメリットの1つは、目的に合わせた様々なローン商品が用意されていることが挙げられます。たとえば、多額かつ...

≫続きを読む

PAGE TOP