審査なしでお金を借りる方法とは

審査なしでお金を借りる方法とは

お金を借りるともなれば、たいていはお金を借りるための審査がつきもので、その審査に落ちてしまうと結果的には借入することができません。 そういった点では、すぐにお金を借りたい!と思ったときに審査なしでお金を借りる方法としては、家族や友人や親せきなどの身内からお金を借りる方法や、友人知人からお金を借りる方法があります。 こちらでは、厳しい審査なしでお金を借りる方法について、確認していきます。

親からお金を借りる方法

相談もしやすくていちばん身近で頼れるのが親です。他の人には話せないことでも、親になら正直に話せることもあるでしょう。 ただ、つい身内だからと甘えてしまいがちですが、両親からお金を借りる場合でも借用書や利息の支払いは必要です。 金額が少額であったり一時的に借りてすぐに返済できる場合であれば問題ないかもしれませんが、借入金額が大きかったり長期間に渡って借り続ける場合には、借用書などで金利設定や借入に関する取り決めなどをしっかり示しておかないと、無利子での借入れとみなされて贈与税がかかってしまうのです。 つまり、借用書でこれはあくまで贈与ではなく、きちんと利息を支払いながら借入しているのだと示す必要があるのです。 また、親だからこそ心配をかけたくないと正直に離せないことなどもあるかもしれませんが、後々トラブルにならないよう、きちんと説明をしたうえで借り入れしたほうが良さそうです。

友だちからお金を借りる方法

一口に友だちといってもその関係性によっても扱いが変わってくるかもしれません。お金を借りるという行為は、こちらの身になって親身になって相談に乗ってくれる関係性があれば良いのですが、「金の切れ目が縁の切れ目」といったことわざにもあるとおり、しっかりと対応しないと大事な縁が切れる原因ともなってしまいます。 また、金額が少額であれば、あるいは飲み会のときにちょっとしたお金が足りなくて次に会うときまでに一時的に借りるなどであれば、問題ないかもしれませんが、関係性が薄れる友人知人ともなれば、身内でもないためお金の貸し借りはトラブルの元になりかねません。 親友など事情を話せる関係ではれば良いですが「友達だと思っていたのに借金を申し入れてくるなんて」と思われてしまうかもしれませんので、相手の性格などもよく見極めたうえで相談してみたほうが無難です。

人からお金を借りる方法

恋人(彼氏や彼女)からお金を借りる、親戚(親族)からお金を借りる、上司や同僚からお金を借りる、兄妹(姉妹、兄弟、姉弟)からお金を借りるなど、人に頼ってお金を借りる方法はたくさんありますが、一番問題となるのが人間関係です。 どういった理由があるにせよ、お金を借りる以上はきちんとお金を借りたい理由を告げなければなりませんし、税金面で考えても借用書や契約書の作成はもちろん、金利の支払いも必要です。 納得のいく理由づけや説明がなければ、ヘタをすると人間関係を壊してしまう恐れもある為、慎重に対応したほうが良さそうです。

身内から審査なしでお金を借りる際の注意点

身内だと思うと、つい甘えてしまいがちですが、身内だからこそ、相手からすれば貸したお金の使い道が気になったり、なぜお金が必要なのかが気になったりもします。 お金を借りる側としては審査なしでお金を借りれるということは最大のメリットですがから、それを享受するためには、相手をしっかりと納得させる説明が必要です。 なぜお金が必要なのかの説明はもちろん、いくら借りたいのか、いつまでに返済するのかなど、偽りなくきちんと説明することが、トラブル防止となります。 また、贈与税などの税金の関係から、身内であっても利息の支払いが必要なので、いつ借りたのか、金利はどれくらいなのか、どういった返済計画で返済していくのか…など、借用書や契約書を交わしておく必要があります。

関連ページ

キャッシング 審査に落ちた原因
キャッシング 審査に落ちた原因〜お金の借り方審査〜
保証協会の審査方法
保証協会の審査方法!お金の借り方をご紹介!
金融機関から個人がお金の借り入れを行うには与信管理が重要
与信管理とは!お金の借り方をご紹介!

PAGE TOP