金融機関から個人がお金の借り入れを行うには与信管理が重要

金融機関から個人がお金の借り入れを行うには与信管理が重要

消費者金融等の金融機関から個人がお金を借り入れた場合、その個人に対して金融機関が信用を与えるという側面があります。 これは、この方にお金を貸し付けてもしっかりと弁済期日を守って返済を行ってくれるとする安心感があるためです。 信用と聞くとその人が誠実だとする人間性のことを一般的に言いますが、金融業界での信用は貸付を行ってもそれを焦げ付かないとする金銭的な評価に限るとするのが常識となります。 例えば、友人や親戚等に嘘つきで信用がないとしても、金融機関にお金を借りてしっかり弁済している方は、別段金融機関にとっては信用がないと言えないわけです。 金融機関は、個人にお金を貸し付けるためには与信管理を行うことが重要となり、基準を設けています。 この与信管理とは、金融機関がお金を貸し付けるに当たって、その人に貸し付けても大丈夫か、また極度額は幾らまで増額が出来るかということを金融機関が把握することです。 これにより、円滑な取引と貸し倒れのリスクを未然に防ぐ措置が行われ、金融機関が不良債権を抱えないため重要な措置となります。 なお大抵はお金を借りたいとする申し込みがあった段階で、各種信用情報機関に照会を行って、その個人の信用情報を把握する措置が行われます。 もし仮にその信用情報機関の照会で、過去に金融事故・延滞等があると判明すると信用出来ないということとなり、審査に通過しない場合も生じます。 金融機関によっては、与信する基準にも違いが生じてきている傾向もあり、仮にA社で断られてもB社では審査に通過するという場合もあります。

関連ページ

キャッシング 審査に落ちた原因
キャッシング 審査に落ちた原因〜お金の借り方審査〜
保証協会の審査方法
保証協会の審査方法!お金の借り方をご紹介!

PAGE TOP