利息を計算する

返済シュミレーションの必要性

お給料日前に生活費が数万円足りないから数日だけお金を借りてすぐに一括返済をする...といったパターンであれば、利息もそんなにかからないので、さほど気にすることはないのかもしれません。
ですが、まとまったお金を借りたり、完済するまでに時間がかかりそうなときなどは、月々いくらぐらい返したら希望回数で返済し終わるのか?など返済に関する情報が欲しいものです。
返済シミュレーションを行うことで、月々の返済金額による全体の返済回数や利息金額がわかったり、全体の返済回数によって月々の返済金額や利息金額が分かったり...と、先々の返 済計画が見えてくるため、余計な借り入れ防止にもなります。

 

事前に返済シュミレーションをチェック

多くのカードローン会社の公式サイトで利用することができる返済シミュレーションは、簡単な項目を入力するだけで数秒で結果が表示されるため、気軽に活用できるのが特徴です。
返済シュミレーションの確認は、借入前がベストです。
「この金額を借りるのにこれだけの期間を借り続けるとこれだけ利息がかかる」と具体的な数字で認識できれば、もうちょっと借入期間を短くしよう!余裕ができたら早めに一括返済しよう!という気持ちにもなりますし、あらかじめ全額返済するまでに何ヶ月かかると把握していれば返済計画も立てられます。
目先のピンチを乗り越えるためにお金を借りたはいいけれど、ついダラダラとのんびり返済をしてしまう...といった予防にもなります。

 

返済シュミレーション実例

こちらでは、実際に返済シュミレーションを利用した際に確認できるデータを実例でチェックしていきましょう!

 

返済計算シミュレーション基本情報

10万円以上50万円以下の年利が14.6%の会社から10万円借りた場合

 

毎月の返済額をシミュレーション

【例1】1ヶ月で返済した場合の返済金額は?

 

返済回数:1回
元金:10万円
利息:1,216円
返済金額:101,216円

 

このとき、返済シュミレーションで入力するのは「借入金額10万円」「返済月数1ヶ月」「借入利率(年率)14.6%」になります。
この3点を入力するだけで、自動的に元金10万円+利息1,216円の内訳が計算および表示されます。
たとえば10回で返済した場合には、1回目の元金はいくら+利息はいくら=合計返済額がいくらで、1回目の元金はいくら+利息はいくら=合計返済額がいくら...といった具合に、10回分の月々の返済金額の明細を確認することができます。

 

返済期間をシミュレーション

【例2】1ヶ月1万円返済した場合の返済期間は?

 

返済回数:11ヵ月(11回)
元金:10万円
利息:7,280円
返済金額:107,280円

 

このとき、返済シュミレーションで入力するのは「借入金額10万円」「毎月の返済額1万円」「借入利率(年率)14.6%」になります。
この3点を入力するだけで、自動的に「1回目の元金8,784円+利息1,216円=返済額1万円で残高が91,216円」の内訳が計算および表示されます。
「2回目の元金8,891円+利息1,109=返済額1万円で残高が82,325万円」...といった具合に詳細が表示され、月々1万円返済することで元金+利息を合わせて返済にかかる期間は11ヶ月であると確認することができます。

 

 

PAGE TOP