公共機関からお金を借りる

公共機関からお金を借りる方法 [お金の借り方]

お金が必要、お金を借りたい、そんなときに、みなさんはどうしますか? 仕事をしてすぐにお金を稼ぐことができるのであれば良いのですが、健康的な理由や家庭の事情、そのほか諸事情などにより、 お金を稼ぎに行くことができない場合もありますよね。 また、働けていても、この不景気の影響で、思ったように稼げない...ということなどもあるかもしれません。 そんなときに助けになるのが、お金を借りることですが、キャッシングなどでお金を借りるには金利の支払いが心配という方や、審査に通るかわからないという方などもいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方が、一度検討されると良いと思うのが、「公共機関からお金を借りる」ということです。 個人の方が、公共機関からお金を借りるにはいくつかの方法がありますが、大きく分けて下記のようなものがあげられます。

お金を借りれる機関(個人の場合)

総合支援金(総合支援資金)

低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支える「生活福祉資金貸付制度」のひとつです。 失業や減収などによる生活困窮が広がっている中、低所得者や失業者の生活の立て直しを支援する新たなセーフティネットの一つとして、 生活福祉資金貸付制度がさらに活用しやすくなるよう大幅に見直されました。その中で、継続的な相談支援とともに、生活費や一時的な資金の貸付けを行う「総合支援資金」が創設されました。

生活保護

資産や能力などすべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度です。
※支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なります。

最近では、不正受給などの問題もあがっていることもあり、今までよりは受給を受けるのが難しくなっているなんてこともあるかもしれませんが、本当に条件に合っている方は、受ける権利がありますので、まずは相談してみましょう。

雇用保険

労働者の生活と雇用の安定を目ざし、労働者が失業した場合や職業訓練を受けた場合に給付金などを出す公的な保険制度。

教育訓練給付

雇用保険法に規定される失業等給付の一つで、労働者の能力開発の支援が目的となっています。 雇用保険の被保険者、または被保険者でなくなってから1年以内の人が対象で、指定教育訓練を受講し、修了した場合に、その費用の一部が教育訓練給付金として支給されます。

年金担保

年金受給者の生活を支援する制度で、厚生年金保険、国民年金(老齢福祉年金を除く。)または労働者災害補償保険の年金の支払いを受けている方に、保健医療、介護・福祉、住宅改修等、冠婚葬祭などに必要な資金をご融資しています

被災者生活再建支援

自然災害により、住宅がいずれかの被害となった世帯を対象として支援を行う制度

お金がない、お金が必要、お金を借りたい、そんなときには、ひとりで悩まず、まずはまわりの人に相談をしてみましょう。 国や都道府県、市区町村、各支援団など、多くが専門家による無料相談などを定期的に行っていたりします。

公共機関からお金を借りるエントリー一覧

PAGE TOP