国や自治体からお金を借りる方法とは

国や自治体からお金を借りる方法とは

国や地方自治体からお金を借りる最大のメリットは、なんといってもその信頼性と安心感です。また、元々の貸付の趣旨が営利目的ではない分、金利なども低いといった面でも安心してお金借りれる方法と言えるでしょう。そういた面ではメリットも多くこれ以上の借入方法はないと言えます。 逆に、審査が厳しいことや手続きにやたらと時間がかかるなどお堅い国や自治体だからこそのデメリットなどもあるので、双方見比べて検討されると良いかと思いますが、デメリットを考慮しても、条件をクリアしてお金を借りれたり、実際にお金を使うまでに時間的に余裕がある場合には、まずは国や地方自治体からお金を借りれるのがいちばんです。 こちらでは、国や地方自治体からお金を借りれる個人向け貸付制度について説明しています。今までわたしたちは、それなりの税金も納めてきているので、受け取れる権利は堂々と受け取りましょう!

国や自治体からお金を借りるメリット

・信頼性があり安心感がある
・生活保護の意味あいが大きく低金利や条件によっては無利子で無理なく借りれる
・親身になって相談に乗ってもらえる

国や自治体からお金を借りるデメリット

・条件や審査が厳しく借りにくい
・審査が終わって実際にお金を借りるまでの手続きに時間がかかる
・提出書類が多い
・役所などの窓口に行って手続きする必要がある(便利なWeb申込などはない)
・一定金額以下の低所得者の方を対象としするなど収入条件が厳しい
※国や自治体からお金を借りるには手続きに時間がかかるため緊急時には向いていないのと、提出書類が多いことがデメリットとしてあげられますが、国や公共団体からお金を借りたいと思ったときには、あらかじめ余裕を持って事前に借入準備を進めることでと解決できる問題なので、条件があう方はできるだけこちらからお金を借りるようにしましょう!

国からお金を借りる

国からお金を借りる方法は、無職などの生活困窮者向け、母子家庭や父子家庭向けなど借入を行う人や借入目的などによっていくつもあります。 貸付支援制度ごとにそれぞれに条件がありますので、ご自身が国からお金を借りる際には、条件にあった借入精度を選びましょう。

・総合支援資金
・母子福祉資金・父子福祉資金
・福祉資金
・教育支援資金
・不動産担保型生活資金など

自治体 市役所からお金を借りる

お住いの市役所でお金を借りる方法もあります。国よりも身近な機関なだけあって、相談もしやすいので、条件にあう方は検討されてはいかがでしょうか

生活福祉資金貸付制度
実施主体:都道府県社会福祉協議会 貸付対象:低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯 貸付資金の種類:総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金 連帯保証人:原則、必要(連帯保証人を立てない場合も貸付可能) 総合支援資金&福祉資金の貸付金利子:連帯保証人を立てる場合は無利子/連帯保証人を立てない場合は年1.5% 緊急小口資金&教育支援資金の貸付金利子:無利子 不動産担保型生活資金の貸付金利子:年3%または長期プライムレートのいずれか低い利率

PAGE TOP