お金の借り方【銀行|スムーズにお金を借りる方法】

お金の借り方ワンポイントアドバイス

一口にお金 の借り方といってもその方法は様々です。 スムーズにお金を借りたい際に役立つのがカードローンです。インターネットで申込OKなどスムーズな融資・低金利と選択肢が多いのが特徴です!

そんな中、銀行のカードローンでお金を借りたい方も多いと思いますが、近年、銀行からの借入額が急増していることから『銀行での借入自体が難しくなってきているのが現状です』


銀行から借りたい方の解決策

できれば銀行でお金を借りたい方の解決策は、大手銀行系グループのカードローンでお金を借りる方法です。 銀行系グループは、銀行系列のグループ会社が運営している、消費者金融になります。 CMでも同じみで、貸出し実績もあり、大手でサポート体制もしっかりしています。

▲大手銀行系グループのカードローンはスムーズな融資に定評があるので大変便利です。

>> 銀行系グループランキングBest3!


>> 銀行ランキングBest3!


>> お金を借りる方法 詳細はコチラ!


お金を借りる方法【申込み方法】

お金を借りる流れ

目的別で選ぶ

お金を借りたい時の【2大目的】

低金利重視 スピード重視
低金利でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方は審査が早く即日融資可能な銀行系をチョイス!!

お金の借り方「ポイント!」

初めてお金を借りる時、まず、どこで借りたらよいのかよく分からないですよね! お金を借りる前に 疑問や不安を解決してから、ご自身に合ったお金の借り方を選択しましょう♪

お金を借りる目的をはっきりさせよう!

次のお給料日まで数日間だけお金を借りたい。とにかく急いでるので今すぐ借りたい。銀行から借入したい。 など、お金を借りる目的は様々あります。 目的によって、借りる方法も変わってきますので、まずはご自身が何を望まれているのかを明確にすることが重要です。

まずはこちらの2つから借入先を選択しよう!

@身内や友人知人など身近なところからお金を借りる
A周りの人には気づかれずに後腐れなく業者からお金を借りる
大きく分けて2つの選択肢がありますが、それぞれに特徴がありますので最適な借入方法を選びましょう!

@身内や友人知人など身近なところからお金を借りる

身近な人からお金を借りる際の特徴:メリット
・審査なしでお金を借りることができる
・事前にお金を借りたい旨を相談しておくことでいざというときにすぐにお金を借りれる
・双方の取り決めにより低金利でお金を借りれる
・身内なので安心してお金を借りることができる
・担保不要や保証人不要で借りれる
身近な人からお金を借りる際の特徴:デメリット
・お金借りる 言い訳や説明をしないといけない
・心配や迷惑をかけてしまう
・しっかり説明しないと関係性が悪くなってしまうことがある
・身内でのお金の貸し借りでも借用書や契約書が必要(自分で用意する)
・利息の支払いが必要

>> 審査なしで身近な人からお金を借りる方法 詳細はコチラ!


A周りの人には気づかれずに後腐れなく業者からお金を借りる

業者からお金を借りる際の特徴:メリット
・借入理由は問われないのでお金を借りる言い訳や説明が不要
・担保不要や保証人不要で借りれる
・申込当日に即時借入や当日振込キャッシングも可能
・来店不要でお金を借りれる
・1万円と少額から借りれるので身内からお金を借りたくない人でも使いやすい
業者からお金を借りる際の特徴:デメリット
・審査が必要
・身内借金と比べて金利が発生する

業者からスムーズにお金を借りるには?

お金を借りる際に、心配をかけたくないし、事情を説明するのも面倒だし、むしろ身内を絡めたくない!という方は、 業者からキャッシングする方法がスムーズです。

なんといっても、キャッシングは1万円から借りれるので借入限度額内で必要な金額を必要な分だけ借りれて、 余裕ができたら自由に返済できる使い勝手の良さが人気の秘訣です。 キャッシングには、カードローンキャッシングとクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法があります。

そのどちらも、来店不要で手続きできるため誰にもバレずにお金を借りることがでますし、 身内や友人知人からお金を借りる際に必要となるお金借りる 言い訳 や理由づけが不要で、無駄に悩まずにお金を借りることができます。

また、ただでさえせっぱつまっているときに「借金を申し入れることで人間関係が壊れてしまったらどうしよう…」といった悩みが解消されるものありがたいところです。

キャッシングの特徴とは

・人に会わずにお金を借りれる
・借りたお金を自由に使える(借入目的が縛られない)
・無担保、保証人不要
・利用限度額の範囲内であれば再審査不要で何度でもお金を借りれる
・融資も可能
・お金を借りる前に事前に申込が必要

カードローンキャッシングについて

カードローンキャッシンンには、主に銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類があり基本的な使い勝手などは同じですが、 初回限定最大30日間無利息サービス、低金利、スムーズな借入など、それぞれに特徴があります。
※ほかにもクレジットカード会社が発行しているローンカードの信販カードローンがありますが、あまり主流ではありません

カードローンキャッシングのメリットとは
・申込日当日でも融資が可能
・土日祝祭日でも申込できる
・店舗窓口(店頭窓口)や自動契約機(無人契約機、ローン申込機)でローンカード当日発行&借入OK
・来店不要で振込キャッシングも可能
・銀行カードローンと消費者金融カードローンがあり選択肢が豊富
・銀行は低金利、消費者金融は即日借入などサービスが多彩
カードローンキャッシングのデメリットとは
・「長期借入や高額借入の際には銀行カードローンを利用する」など借り先をしっかり考えないと金利が高くなる
・気軽に借入れをしていくと多重債務に陥る可能性がある

>> カードローンについての詳細はコチラ!


クレジットカードのキャッシング枠について

キャッシングと聞くと思い浮かべるのがクレカのキャッシング枠。少額であれば気軽に使えるので便利です。

クレジッドカードのキャッシング枠のメリットとは
・すでにクレジットカードを持っていればすぐに借りれる
・お手持ちのクレカでそのままキャッシングできる(別途ローンカードの発行は不要)
クレジッドカードのキャッシング枠のデメリットとは
・付帯サービスなのでクレカ申込時など事前にキャッシング利用を申し出ておかないとキャッシングできない
・ショッピング枠とキャッシング枠の合算が借入限度額なのでそもそもの借入可能額が少ない
・意外と金利が高い

>> クレジッドカードのキャッシング枠について 詳細はコチラ!


スムーズな借入で使い勝手が良いのはカードローン

数あるお金を借りる方法のなかでも、サービスが多く柔軟に利用できるのが、カードローンです。 たとえば低金利でお金を借りたいと思えば銀行カードローンが最適ですし、スムーズな融資でお金を借りたいと思えば大手消費者金融カードローンなど、たくさんあるラインナップの中からご自身の希望するサービスを選ぶことができます。 こちらでは、カードローンでお金を借りる方法について、詳しく説明していきます。

銀行カードローンの特徴

・低金利なので長期借入や大口借入に最適
・銀行ならではの安心感と信頼感がある
・審査が厳しく、他社借入件数が多いと審査に通りにくいので初めてお金を借りる方にオススメ
・審査に時間がかかるので即日融資には向いていない
・土日祝祭日の審査に対応していない場合がある

大手消費者金融カードローンの特徴

・審査回答最短30分、最短1時間融資と、審査が早い
・当日借入や即日融資が可能なので今すぐにお金を借りれる
・銀行カードローンよりもお金を借りやすい
・初めてお金を借りる方なら最大30日間無利息など会員サービスが充実している
・総量規制の対象なので年収の3分の1以上の借入ができない(少額借入向き)
・プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットと、銀行グループや東証一部上場企業など安心できる業者を利用できる

代表的な大手消費者金融とは
・三井住友銀行グループのプロミス
・三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
・三井住友銀行グループのSMBCモビット
・東証一部上場のアイフル

申し込みの手順
・申込条件を確認して、インターネット、モバイル、電話、銀行窓口、郵送、FAXなどで申し込む
・銀行より審査の回答がある
・融資が決まったら、運転免許証、健康保険証、パスポートの写しなどの必要書類の提出
・指定口座への振り込みや、契約ATMでの現金受け取り借入先によって条件や借入方法なども変わってくるので、ご注意下さい。

お金を借りる時に行う審査方法とは
キャッシングやローンを申し込む場合には、金融会社の審査を受ける必要があります。 審査方法とは収入の状況や他社からの借り入れがあるかどうかを判断する方法が多く、信用情報があるかどうかを調査します。 審査の手順とは、勤務している企業に在籍確認を行い、その後に信用機関に信用情報を調査する方法で行われます。
在籍確認を行う方法とは、担当者が個人名で企業に電話をかけ申込者が実際に在籍しているかどうかを調査します。
信用情報の調査とは、信用機関に他社からの借り入れの状況や返済履歴などを調査し、 正しく行われなかった場合は滞納などが多い場合には審査に通らなくなります。
お金を借りるにはこれらの審査において不備がないようにする必要があるために、 事前に信用機関に照会を行い信用情報を調査しておくと便利です。
他社での申し込みを行った場合には申し込み履歴などもきちんと残るために、 審査が通らないと次に申し込む方法はやってはいけないことです。
短期間に続けて申し込む方法は、金融会社側から見ると信用情報が明らかに低いと捉えられることが多いからです。 信用機関の情報は複数の金融会社と共有することができ、審査に有利なように虚偽の情報を記入するとすぐに判明するためにかえって逆効果になります。
お金を借りることは信頼関係を強固なものにする必要があるために、 信用を低下させる行動はやってはいけないことであり虚偽の情報を記入するとどの会社で申し込んでも同じ結果になります。

お金を借りる方法もっと詳しく...

お金を借りる方法を知りたいと思ったときに、さまざまな借入方法があって迷ってしまうことはありませんか? たとえば、誰からお金を借りるのか、どこからお金を借りるのか、いつお金を借りるのか…人や場所やタイミングによっても、借入方法は変わってきます。
借入方法によってそれぞれにメリットやデメリットもありますので、そのなかであなたに合ったベストな借入方法を選んでいただけるよう、徹底解説していきます!

お金を借りる方法には、他にもいくつかの方法があります。 郵便局でお金を借りる方法、国からお金を借りる方法など、土地を担保にお金を借りる方法などがあります。 また、会社からお給料を前借する方も居るかもしれません。 上記で説明しました、借りたお金を自由に使えるカードローンにも、銀行と消費者金融の分類されます。 どの方法を選択するからは、借り入れをする方の希望にあったサービスを選択すると良いでしょう。

※サービスによって、借入条件や審査条件も変わってきます。 「少しでも金利を抑えたい」「高額融資を受けたい」「すぐに融資を受けたい」など、目的に合わせて借入先を変えるのも有効的です。

すぐにお金を借りたい時のワンポイントアドバイス

急いでいる時のポイントはお申し込み時間と業者毎に異なる審査スピードが重要になってきます。

一般的に「消費者金融」と言われる業者は、審査の内容やスピードが、銀行よりも早めと言われています。
※消費者金融ではなんだか不安と思われる方は、一般的に言われている消費者金融の中から、大手の銀行系がオススメです。

お金を借りれる機関(個人の場合)

公共機関 個人が公共機関からお金を借りる場合には下記のような方法があります。 総合支援金、生活保護、雇用保険、教育訓練給付、年金担保、被災者生活再建支援などなど。 詳しくはお住まいの市区町村の公的機関にお問い合わせください。

▼詳細

銀行 銀行からお金を借りる方法は、ローンを組む(住宅ローン、マイカーローン、教育ローンなど)方法と、カードローンでお金を借りる方法があります。 一般的には、ローンを組む方が審査が複雑になる分低金利で借入できます。逆にカードローンは借りやすい文、 ローンを組むよりは多少金利が高めになりますが、それでも、一般的な消費者金融に比べると低金利で借入できます。

▼詳細

消費者金融 とにかく急いでお金を借りたい場合は、消費者金融でお金を借りるとよいでしょう。 しかし、「闇金」と言われる業者を選択してしまうと、とても高い金利をとられてしまったり、 取り立てが厳しくなるといったトラブルが心配ですよね。そこで、大手銀行の消費者金融を選択しますと、 金利は銀行のカードローンよりは多少高めにはなりますが、それでも法外な利息を要求されることはありませんし、 なにより安心感が違いますので、銀行系の消費者金融を選択されることをお勧めします。

▼詳細

お金を借りれる機関ではそれぞれ特徴があります。 今回は個人がお金を借りる場合の期間を記載しましたが、事業者や、起業者がが借りる場合など、借りる側の形態によっても借りる方法は変わってきます。

銀行でお金を借りる

低金利でメリットたくさん、安心のお金の借り方を学んで無理なく返済

銀行でのお金の借り方は、借入を申し込む時に20歳以上60歳未満の方である事と継続して収入がある方、指定する保証会社の保証が受けられるか、日本在住の方という条件があります。 他にも消費者金融や町の貸し業者でも借りられますが、2010年に消費者を守る規制が出来て、年収の3分の1を超える借入が出来なくなりました。 この制度は消費者金融や貸金業者にのみ適応されますので、銀行は信用金庫は適応外です。 一番の魅力はやはり低金利で安心して借りられるという事ではないでしょうか。 お金を借りる目的がはっきりしているのであれば、住宅ローン、自動車ローン、子供が進学すると教育ローン等それぞれの用途にあったローンがお得ですが、審査に時間がかかってしまったり個別に複数の契約をしないといけなかったりで何かと不便です。 目的がはっきりとしていない、もしくは言いたくないという方や、初めて借りる方には大手のカードローンがスムーズなのではないでしょうか。 契約金額内で何度も借入可能です。 書類も免許証や保険証の身分証明書のみで問題ございません。 金利も平均しますと、5〜15%と低めですし保証人や担保も必要ありません。 返済負担も軽くて済みます。 10万〜500万と融資幅も広いです。 最近では、数あるローンを1つにまとめて金利の負担を軽減する目的で利用する方も多い様です。 入会費や年会費無料のプランが殆どです。 この機会にお金の借り方を改めてみませんか。

>> 【大手】銀行ランキングの詳細情報はコチラ     


消費者金融でお金を借りる

審査が緩い消費者金融

消費者金融キャッシングとは消費者金融が行っているキャッシングのサービスを指します。 また、大手の消費者金融は銀行グループが運営している、銀行系グループの消費者金融が多々あります。

当サイトでは、安心感のある銀行系グループの消費者金融をご案内しています。
さて、一般的な消費者金融の説明に戻ります。
最初にキャッシングのサービスを提供し始めたのは消費者金融ですが、最近になって他の金融機関も参入してきたために、 区別して消費者金融系キャッシングと言われるようになってきました。

その特徴としては審査が緩いことが挙げられます。
銀行でもキャッシングのサービスを提供していますが、銀行に比べれば消費者金融は圧倒的に審査が緩いと言えるでしょう。 キャッシングを消費者金融が提供し始めたと言うよりは、銀行が手をつけなかったと言ったほうが良いでしょう。 銀行は経営を安定化させることが求められますから、返済可能性の低い人に対しては基本的に融資を行いません。 このような時期にビジネスチャンスとして目をつけたのが消費者金融だと言えるでしょう。 返済能力の低い人に対して貸付を行う事から消費者金融が始まったと考えられます。 現在でも色々なキャッシングのサービスがあるなかで、消費者金融は審査が緩いという傾向があるのですが、これは成り立ちから考えて当然のことだと考えられます。 簡単に言えば借りやすいのです。 ただ、デメリットもあるという点に注意しておかなければなりません。 消費者金融系キャッシングは、他の金融機関のキャッシングに比べると利息が高い傾向にあります。 ですから、利息の支払額が大きくなりがちで、大きな資金を借りるときには利払いだけでも負担が大きくなることもあるのです。

>> 【大手】消費者金融ランキングの詳細情報はコチラ     


消費者金融が不安な方へ

初めてお金を借りるときは不安、消費者金融は特にそう思うかもしれません。 しかし、事前にしっかり調べることで、安全・納得の情報を得ることができます。
お金を借りる際に心配な方にこのサイトを参考情報のひとつとして頂ければ幸いです。
お金を借りる方のなかには、何度も借り入れを繰り返している方や複数の業者から多額のお金を借りている方などもいますが、 そういった方はお金の借り入れがしにくくなる傾向があります。 逆に、すでに複数社から借入れしている方と比べて、 圧倒的に高確率で審査を通過できる“初めてお金を借りる方”は、借入申し込み条件が良く、お金を借りやすいという特徴があるため、 審査が通りやすいという利点を活かすことができます。 特に、急いでお金を借りたい!でも安心感も重要!そんな方には、大手銀行系グループの運営する『銀行系カードローン』がお勧めです。

『銀行系カードローン』は、カードで現金自動支払機を利用して、あらかじめ決められた融資限度額まで何度でも借り入れができるローンサービスですが、 大手の銀行がサービスを提供しているということで、多くのメリットがあります。 『銀行系カードローン』は 銀行ならではの資金力により借入限度額が多いのが特徴です。 また、低金利で融資を受けられることなども魅力です。

『銀行系カードローン』は、インターネット、モバイル、電話、銀行窓口、郵送、FAXなどで気軽に申し込むことができます。 審査はほかの消費者金融などよりも厳しく、少し時間がかかるという点はありますが、“初めてお金を借りる方”は審査に通りやすいので有利です。 “初めてお金を借りる方”は、ぜひこの有利で安心な『銀行系カードローン』を利用しましょう。

会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
SMBCモビット 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★☆☆
三菱UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★★☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 最大800
万円
★★★☆☆


業者別で選ぶ

銀行と消費者金融の比較

審査速度 金利 土日休日審査対応
▼ 銀 行
低金利
重視
★★★☆☆
普 通
★☆☆☆☆
低 め
★★★☆☆
会社による
▼ 消費者金融
スピード重視
★★★★★
早 め
★★★★☆
高 め
★★★★★
ほぼOK

※会社によって詳細は異なります。


お金を借りる目的別の借入サービ
銀行カードローン/消費者金融カードローン
多目的利用のための借入
クレジットカードのキャッシング枠
クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を利用した多目的利用できる借入
住宅ローン
住宅購入のための借入
リフォームローン
住宅のリフォームを行うための借入
教育ローン
使途を教育関係経費に限定したローン教育のための借入
自動車ローン
自動車購入のための借入
ビジネスローン
中小企業向けの無担保事業者ローン

形態や人ごとにお金を借りる方法とは

続いて、働いていて定期収入がある人と、専業主婦などで定期収入がない人、定期収入はないけれど年金生活をしていてお金は入ってくる方など、ひとによってお金を借りれる先が変わってきます。

未成年がお金を借りる方法とは

未成年がお金を借りる方法で最良なのは、両親やきょうだいなどの身内からお金を借りることです。 未成年の方はその名の通り成年ではないので万が一の際にも本人には責任が取れませんし、業者などもそういった若い方にはお金を貸しません。 アルバイトなどで地道にお金を稼ぐか、どうしてもお金が必要な場合には事情を話して親からお金を借りるのが、トラブルもなく安全にお金を借りれる方法でしょう。 間違ってもおかしな業者からお金を借りてはいけません。 なお、親の同意を得たうえでまっとうな学生専用のローンであれば、利用を考えても良いかもしれません。

学生がお金を借りる方法とは

社会人にもなっていないのに、学生がお金なんて借りれるの?と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ある一定の条件をクリアすれば学生でもお金を借りることができます。 入学金や学費などのまとまったお金を学生ローンで借りて、大学などを送料してからもコツコツ返済していく…といった学生ローンのイメージとは違って、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠なら、学生でもお金を借りることができます。 ただし、満20歳以上といった年齢制限や、アルバイトやパートでも良いので安定的かつ継続的な収入があることなど、一定の条件がありますのでご注意ください。 また、消費者金融カードローンの場合には、総量規制の対象であるため、借入限度額が年収の3分の1以内という少額借入となるなど、借入可能金額についてもご確認ください。

主婦がお金を借りる方法とは

主婦の方でも、満20歳以上でルバイトやパートなどをされていてご本人に継続した収入があればお金を借りることができますし、借入先によってはご本人に収入がなくても旦那様に収入があれば借入できるところもあります。 キャッシングでは、主婦であることやバイト・パートなどの形態がどうかということよりも、ご本人自体に収入があるかどうかなどが重要となってきます。

専業主婦がお金を借りる方法とは

専業主婦の方がお金を借りる場合には、ご本人に収入がないということでお金を借りるのは難しい傾向にあります。 業者によっては、ご主人さまの収入を元に少額借入できるパターンもありますが、消費者金融などの個人向けの貸金業者は収入の3分の1を超える借り入れはできないという総量規制の対象となっておりますので、いくらご主人様に安定的な収入があったとしても、借入をする(契約をする)ご本人さまご自身に収入がなければ、お金を借りることはできません。

無職の方がお金を借りる方法とは

年金受給者の方や失業中の方など、ご本人に定期的かつ継続的な収入がない場合には、お金を借りるのは難しい傾向にあります。 銀行カードローンであれば借りれる場合もありますが、審査は厳しいと覚悟されたほうがよさそうです。 なかには、無職でも簡単にお金を借りれる、ブラックでもお金借りれる、誰でもお金を借りれるといったうたい文句を掲げている業者もありますが、闇金(ヤミ金)などの悪徳業者である可能性が高いので、絶対に手を出さないことが重要です。

自営業の方がお金を借りる方法とは

自営業の方や個人事業主の方でも安定的で継続的な収入があればキャッシングを利用することができます。 ただし、借りたお金を自由に使えるのが売りとされているカードローンやキャッシングですが、事業資金として使うことは禁止しています。 借りたお金を事業に使うのではなく、生活費や個人的な交際費として使うなど、利用目的に注意してお金をかりましょう。

年金受給者がお金を借りる方法とは

多くの業者が定期収入が条件となっているなかでも、年金受給者の方がお金を借りる場合には、受給金額で返済できる無理のない範囲内で借り入れができることもあります。 ただ、年金受給者がお金を借りる際に問題となってくるのが年齢です。年金を受給されているということはある程度年齢がいっているため、収入(年金受給)の面では条件をクリアしても、年齢制限で引っかかってしまうことがあります。 その際には、年齢制限が高めの業者を選ぶか、親族、子供、親戚などの身内などにお金を借りる方法がスムーズです。

PAGE TOP