ノーローン歴史とは

ノーローン歴史とは

ノーローンの歴史は、新金融商品の誕生秘話でもあります

ノーローンは利用者がお金を借りてからの期間が7日間であれば、利息がかからないという仕組みになっています。 その為、たとえば給料日が近いのですぐに返金は出来るが、今すぐ現金が欲しいという時には非常に安く、融資を受けることが可能になるのです。 とても利用者寄りのサービスであり、全額完済した場合、翌月からまた利用することができます。 このサービスを売りにしているのは、新生銀行の関連会社のシンキ株式会社です。 この会社の歴史は古く、1954年兵庫県で信起商事株式会社が事業を開始しました。 最初は事業者対象の不動産担保ローン会社として設立しましたが、その後、個人対象も含めて業務範囲を広げてきました。 その後は、金融業を幅広く取り扱う会社として変化していきました。 そして、1984年に信起商事株式会社から、シンキ株式会社に社名変更して、その後東証一部上場を果たします。 人気の金融商品であるノーローンは、今から15年前に生れたもので、そのネーミングはシンキ株式会社社長の直々のものです。 この金融商品の便利なところは、提携の銀行ATMや提携のコンビニエンスストアのATM、さらにインターネット等でキャッシングできるところです。 利用箇所が全国いたるところにあるのは利用者にとって嬉しいでしょう。 そして契約も、新生銀行カードローンの自動契約のコーナーが近くにあれば行うことが出来ます。 自動契約コーナーで契約とカード発行を行なうと、契約行為が完了します。

関連ページ

アコム歴史とは
アコムは1936年に、兵庫県神戸市で木下政雄さんが丸糸呉服店という繊維を扱った卸小売業を開業したのが始まりです。
アイフル歴史とは
アイフルは1968年に個人経営として創業され、さらに1978年2月に京都で株式会社として設立しました。