土曜日・日曜日にお金借りれる

土曜日・日曜日にお金借りれる

土曜日・日曜日キャッシング お金の借り方

土曜日曜や祝日にお金を借りたい時に役立つ土日キャッシングランキングや具体的なお金の借り方を公開中!

土曜日・日曜日サイトおすすめランキング

安心のSMBCコンシューマーファイナンス

【 スピード重視!厳選の1社 】
WEB申込で最短1時間融資可能


来店不要で最短即日融資も可能

土日祝日/借入可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
CMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。
30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

※回線の混雑により表示に時間が掛かる場合があります

融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】



三菱UFJファイナンシャルグループ

即日融資の目安:平日14時までに手続完了

土日祝日/借入可能
※アコムは三菱UFJファイナンシャルグループです。
担当スタッフが全て女性ですので、初めてお金を借りる方や、女性でも安心して利用できます。
※パート、アルバイト、派遣社員の方もお申し込み可能

※回線の混雑により表示に時間が掛かる場合があります

融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】

土曜、日曜のお金の借り方

土日にカードローンでお金を借りる流れ

休日は基本的に店舗窓口や店頭窓口は営業していないので、スマートフォン・パソコン・ケータイから24時間365日申込可能なインターネット申し込み&自動契約機でローンカード発行が最短借入方法となります。 また、一部の会社では、指定の銀行であれば、土日でも振込キャッシングが可能です。
(1)スマホやPCでWebから審査申し込み
(2)審査回答をメールか電話で受け取り
(3)審査通過後に自動契約機で契約手続き
(4)備え付けのATMでお金を借りる

土曜日曜のカードローン審査について

在籍確認について
カードローンの審査と言えば、多くの業者で実施されており、基本的に免れないのが在籍確認です。 在籍確認とは、カードローン会社から申込者の勤め先の職場にかかってくる電話で、申込時に記入した勤務先情報に誤りがないか…申込書記載のとおりにきちんと会社に在籍しているかの確認のために行われます。 カードローン審査の在籍確認自体は、土曜日、日曜日でも行われますが、問題なのは、お客様がわの勤め先が多くの会社で休日とされている土曜日曜に営業しているか…といった点にあります。 サービス業などで土日でも営業しており在籍確認の電話に出られたり、ご自身が休日出勤などで在籍確認の電話に出られるのであれば良いのですが、週休二日などで会社が休みの場合には、週末の在籍確認の電話に出ることができません。 そういった場合には、あらかじめ土日は会社が休みで在籍確認が行えない旨を担当者に伝えることで、休み明けの月曜日に在籍確認を行うなども可能となります。 なお、基本的にお金を借りれるのは審査が通ってからとなりますが、借入希望額が少額の場合などは、審査前に借り入れできる場合がありますので、あわせて担当者に確認すると良いでしょう。

土日に審査に通るコツについて
土曜、日曜に審査に通るコツとしては、借入希望額を少額にするといった手段があります。 こちらの手段で有効な理由としては、なんといっても在籍確認ができない土日を乗り切ることにあります。 カードローン会社としては、新規顧客が増えるのは願ったりなのですが、審査に通らないようなユーザーは望んでいません。そこで重要となる在籍確認です。 借入希望額が高額となると、信用情報の照会はもちろんですが、申請された職場でしっかりとお勤めされているかの確認も大切で、会社が休みで土日に在籍確認が取れないともなると休み明けに在籍確認ができるまで審査は保留となってしまいます。 借入限度額が少額の場合には土日のうちに融資を行い、休み明けの月曜日にあらためて審査を行う…といった柔軟な対応をしてくれるカードローン会社もあります。 そういった事情もあり、土日に審査に受かりたいのではれば、借入限度額の希望額を少額に抑えるのも有効な手段ではないでしょうか。 また、土曜日、日曜日に希望した借入限度額で足りない場合には、あらためて増額希望を出して限度額引き上げを行いましょう。

カードローン申込の必要書類について

カードローンの申し込みを行う際には、顔写真つきの本人確認書類が必要となります。また、借入希望金額によっては、収入証明書の提出も求められます。

本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
・健康保険証+補足証明書1点

【本人確認書類の補足資料】
・住民票
・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ
・納税証明書
※顔写真つきの本人確認証明書を所持していない場合や、証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合などには、別途、発行日から6ヶ月以内の補足書類(「お客様氏名」および「現在の住所」の両方が記載されているもの)の提出が必要となります

収入証明書類
・源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)
・直近2ヶ月分の給与明細書
・住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書

【収入証明書類の提出条件】
・ご希望の借入れ額が50万円を超える場合
・ご希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

消費者金融は総量規制の対象
消費者金融は貸金業者となりますので、総量規制の対象となります。 総量規制とは、貸金業法に基づいて行われている規制で、原則として、個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限されるといった規制になります。 消費者金融というとついお金を借りすぎてしまって破たんする…といったイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも、総量規制によって貸付金額が制限されているため、借りすぎてしまうといった心配はなく、安心してお金を借りることができます。 また、クレジットカードのキャッシング枠での利用も総量規制の対象となりますので、他社との利用残高を計算する際には、忘れずに申告の上、必要に応じて書類を提出しましょう。

カードローン申込条件とは

・年齢が満20歳〜 ※上限年齢は業者によって異なります
・継続的かつ安定的な収入がある方
・日本国内に居住している方

※審査に通る、審査に通らないは別として、上記の申込条件を満たしていれば、お申し込みが可能です。



土日の現金引き出し方法とは

・インターネット(会員サイト)や電話から指定口座への即日振込キャッシング
・提携コンビニATMで24時間365日借入
・ATMでの借入れ
土曜日や日曜日にカードローンキャッシングでお金を借りるには、いくつか方法があります。 平日であれば店頭窓口での借り入れも可能ですが、土日ですと店舗窓口が営業していないため、店頭では借入できません。ただ、ローンカードさえあれば店頭窓口に備え付けてあるATMにて休日も現金の引き出しが可能です。 また、土曜・日曜の振込キャッシングは銀行によっては対応していない場合もありますので、ご利用の際にはご注意ください。

土曜日 日曜日の返済方法とは

・指定口座への振込返済(インターネット返済)
・指定口座からの引き落とし返済
・ATMや提携ATMなどでの返済
土曜日、日曜日、祝祭日などの休日であっても、カードローンなら返済が可能です。 また、一部繰上返済や全額返済も可能なので、少しでも余裕ができたらどんどん返済することで、日割り計算の利息負担が減ります。 プロミスやアコムなどの大手カードローンなら土日返済もラクチンです。
※ご返済金額は「残高スライド元利定額返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)」です

土曜 日曜申込み後のキャンセル方法とは

金曜日、土曜日、日曜日になってどうしてもお金が必要になった!土日に今すぐお金を借りたい!と週末にカードローン申込を行った後で、予定していたお金が不要になった場合に、カードローンの申込自体をキャンセルしたくなる場合もあるかもしれません。 そんなときには、フリーダイヤル(フリーコール)に電話をして、申込みのキャンセルを行いたい旨の連絡をすれば、審査を止めることもできます。 ただ、消費者金融などの場合は、審査回答最短30分や最短1時間融資など、審査スピードが早いため、すでに審査が進んでいることもあるため、タイミングによっては「キャンセル」扱いではなく、申込完了後の「解約」扱いとなる場合もあります。 なお、カードローン申込を行うとその時点で申し込みの履歴が残るため、申込前の段階でカードローンが必要かどうかを考えたうえでのお申し込みをオススメします。 また、カードローンは入会金や年会費などの費用はかからず、ローンカードを持っているだけであれば余計な費用はかからないため、すぐにお金を使う予定がなかったとしても、いざというときのためにお財布に忍ばせておくと便利です。

土日でも即日融資可能!大手カードローン

平日夕方や夜間はもちろん、日曜日、土曜日、祝日(祭日)などの休日でもお金を借りることができるのが大手消費者金融カードローンの特徴です。 特に、プロミス、アコム、SMBCモビットなどの銀行系消費者金融や、東証一部上場のアイフルといった大手企業の場合、休みの日でも即日融資が可能です。 土曜日や日曜日に大手消費者金融からお金を借りるメリットは、審査回答最短30分など審査がスピーディーで、なおかつ最短1時間融資など融資スピードも早く、申し込んでから実際にお金を手にするまでが数時間で済むという点です。 デメリットとしては、銀行カードローンと比べて金利が高いといった点があげられますが、少額借入の場合は金利の影響を受けにくいため、思ったほど利息負担がところです。 大口借入(高額借入)や長期借入の場合はよく検討する必要がありますが、小口借入(少額借入)や短期借入の場合には、大手消費者金融のメリットを活かして前向きに検討されると良いでしょう。

プロミスで日曜日にお金を借りる

プロミスから日曜日や土曜日にお金を借りるには、「スマートフォンやパソコンからweb申込&無人契約機でプロミスカード受け取り」か「スマホやPCからweb申込&瞬フリ(振込キャッシング)でWeb完結借入」となります。 基本的にプロミスは在籍確認なしでの借入れはできませんが、勤め先の職場が土日が休みで電話できない等により在籍確認が難しい場合、借入希望額が少額であると在籍確認は休み明けの月曜日に行うことにして土日に少額借入できるなど柔軟な対応も可能です。 また、プロミスの審査 時間やプロミスの審査 状況が気になる方は、通話料金無料のフリーダイヤル「プロミスコール」に電話で確認しましょう。

>> 日曜日にプロミスで借入


プロミスで日曜日に即日融資する流れ
(1)スマホ、ケータイ、パソコンからインターネットで申し込む
(2)メールか電話で審査回答受け取り後インターネットorお近くの自動契約機で契約&プロミスカード(ローンカード)受け取り
(3)振込キャッシングor自動契約機に備え付けのATMか提携コンビニATMでお金を引き出す

※振込キャッシングに対応している銀行口座をお持ちであれば、瞬フリなら来店不要で10秒で振込み可能です。



プロミス 自動契約機について
プロミス 自動契約機は、はじめから自動契約機で審査申し込みをするのではなく、自宅などでスマホやパソコンから審査申し込みを行い在籍確認も済みメールや電話で審査結果を受け取った後に、契約手続きやローンカード発行の段階で訪れると無駄が省けます。 というのも、審査回答最短30分とプロミスの審査は早いのですが、それでも30分の待ち時間ができてしまうため、また、万が一、審査に落ちた場合に無駄足となってしまうので、まずはネットで申込&審査回答を受けたうえで、プロミス 無人契約機に向かうのが無駄なく効率的です。 プロミス無人機の場所や営業時間は電話で確認もできますし、公式サイトのATM検索にて確認できます。 また、プロミスでは日曜日の増額申込も可能です。プロミスの無人 契約機 で増額したい場合には、備え付けのインターフォンで申し出ましょう。
受付時間:9:00〜22:00
※土・日・祝日もお申込可能
※一部店舗では営業時間が異なりますので、店舗・ATM検索画面でご確認ください

振込キャッシング「瞬フリ」で借入
プロミス会員サイトにログインして申し込むか電話で振込みキャッシングの申込をすれば、下記指定口座であれば、日曜日や土曜日などの休日でも振込キャッシング可能です。 なお、プロミスの瞬フリをキャンセルしたい場合でも、申込から10秒後にはプロミスからの振込が反映されているため、振込停止は間に合いません。 逆に、プロミスの瞬フリで振り込まれないこともありますが、そのときには瞬フリのメンテナンス時間内や振込先の口座番号の入力誤り、限度額いっぱいまで借りているなど別の原因が考えられますので、プロミスコールに電話をして確認しましょう。(プロミスは土曜日、日曜日でも電話が可能です) プロミスは営業日がお盆で休みであっても、振込キャッシング対応をしているので安心してください。
瞬フリ対応金融機関:三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行
対応可能曜日:月曜 〜 金曜・土・日・祝日
受付時間:0:00〜24:00 24時間受付
振込実施の目安:受付完了から10秒程度

プロミスATMで現金引き出し
プロミスatmは時間を気にせず利用でき、土日でもセブンイレブンなどの提携コンビニATMでもお金を引き出せるので便利です。 お客様サービスプラザ(店頭窓口)の営業は平日のみとなっていますが、備え付けのプロミスATMなら土日の借入も可能です。

【主な提携先ATM】
三井住友銀行(三井住友銀行提携ATMの手数料いつでも無料)、 ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行、第三銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、親和銀行、横浜銀行、 広島銀行、東京スター銀行、八十二銀行、コンビニATM E・net、クレディセゾン、Loppi(ローソン、ミニストップ)、Famiポート(ファミマ)
※提携ATM利用手数料はそれぞれ異なりますので、ご利用の際にご確認ください

アコムで日曜日にお金を借りる

アコムから日曜日や土曜日にお金を借りるには、ネットで事前申込のうえ審査回答後の契約手続きはインターネットまたは自動契約機(むじんくん)に来店でスムーズに契約のうえ、当日借入可能です。 楽天銀行口座を所有しており振込キャッシングでお金を借りる場合に、アコムカードはネット手続きで後日ご自宅へ郵送されてきますが、自宅に郵便物が届くと困る!という方はやはり自動契約機(むじんくん)でのアコムカード発行が家族にバレずにお金を借りれるので安心です。 なお、アコムでも日曜日の在籍確認自体は行っていますが、職場が休みの場合には事前に担当者に相談して、少額借入希望で乗り切りましょう。

>> 日曜日にアコムで借入


アコムで日曜日に即日融資する流れ
(1)スマホ、ケータイ、パソコンからインターネットで申し込む
(2)メールで審査回答受け取り後、インターネットorお近くの自動契約機(むじんくん)で契約&アコムカード(ローンカード)受け取り
(3)自動契約機(むじんくん)に備え付けのATMか提携コンビニATMでお金を引き出す
※本人名義の楽天銀行口座をお持ちなら振込キャッシングも利用可能です
※インターネットは24時間365日申込可能です
※ネット申込自体は24時間いつでも可能ですが審査時間が決まっているので土日に即日融資をしたいなら21時ごろまでには申込を済ませましょう

アコム自動契約機(むじんくん)情報
営業時間:8時〜22時
年中無休(年末年始は除く)
※一部店舗は営業時間が異なります。
※一部のお手続きが対応できない場合があります。

振込キャッシングで借入
アコムで日曜日にお金を借りる場合、カードローン契約時点で本人名義の楽天銀行口座を持っていれば、土曜日や日曜日でも、来店不要で24時間最短1分で振込みキャッシングが可能です。 フリーコールから音声の案内にしたがって操作し、振込口座の登録も行えます。
金融機関:楽天銀行
対応可能曜日:月曜 〜 日曜・祝日
受付時間:0:10 〜 23:50
振込実施の目安:受付完了から1分程度
※契約後に会員メニューから手続可能
※ご利用可能金額の範囲内で1万円単位で振込借入申込可能
※お取引明細書はお客さまの指定先に郵送となりますが、カードローン審査申込段階で書面の受取方法を「アコムホームページで確認」にしておけば利用明細書等が自宅に送付されません

アコムATMで現金引き出し
アコム店舗の営業時間は平日のみとなりますが、全国のアコムの店舗に設置されているアコム atm 営業時間は24時間年中無休で営業しているので、いつでも安心してお金を引き出せます。 また、アコム提携atmの利用時間ですがコンビニだと24時間営業なので、こちらもいつでも利用できるのがうれしいですね。 アコムの提携コンビニATMの借入単位は1000円なので、気軽にお金を借りることができます。 なお、アコムで現金を引き出せない時は借入限度額を超えた可能性や、ATMの定期メンテナンス等でアコムからお金をおろせ ないといった場合があるのでご注意ください。

【提携ATM一覧】
三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、コンビニATM E・net、ゼロバンク、イオン銀行、北海道銀行、東京スター銀行、北陸銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、熊本銀行、親和銀行、クレディセゾン
※提携先金融機関・コンビニエンスストアのATMをご利用された場合の手数料はこちらをご覧ください

アコム 土日 返済について
アコムでは土曜日の返済も可能ですが、アコムで返済をする際にコンビニで返済できないというのは、定期メンテナンス時間帯で利用できないこともあるので、事前に返済日時を確認してコンビニに行きましょう。 気軽な返済方法として、アコムではセブンイレブンなどのコンビニでの返済方法が人気です。

(1)カードをATMに入れる
(2)ご希望の取引の中から「ご入金(返済)」を選択する
(3)4桁の暗証番号を入力する
(4)入金する口座を選択する ※「カードローン」、「ショッピング」両方に入金する場合は、別々に手続きが必要となります
(5)紙幣を入れる
(6)入金内訳を確認し、問題が無ければ、「確認」ボタンを押す
(7)明細書とカードを受け取る ※「カードローン」、「ショッピング」両方に入金される場合は、別々にご入金が必要となります

SMBCモビットで日曜日にお金を借りる

SMBCモビットから日曜日や土曜日にお金を借りるには、インターネット申込&ローン申込機かローン契約機でローンカード受け取りがSMBCモビット 日曜日の最短のお金の借り方になります。 なお、電話連絡なし、郵便物なしのWEB完結申込もありますが、こちらはローンカードが発行されずカードレスのため、お金の借入方法が振込キャッシングに限られてしまうため、日曜日や土曜日などでは即日融資できない可能性がありますのでご注意ください。

>> 日曜日にモビットで借入


SMBCモビットで日曜日に即日融資する流れ
(1)スマホ、ケータイ、パソコンからインターネットで申し込む
(2)メールか電話で審査回答受け取り後、お近くのローン申込機かローン契約機でローンカード受け取り
(3)銀行やコンビニなど全国の提携ATMでお金を引き出す

SMBCモビットローン申込機情報
営業時間:8時〜21時
年中無休(年末年始は除く)

SMBCモビットで現金引き出し
SMBCモビットでに日曜日にお金を借りる際には、提携ATMが豊富なのでお金を借りれるところが多く困りません。

【提携ATM一覧】
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、クレディセゾン、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、 熊本銀行、ローソン銀行、コンビニATM E・net、北海道銀行、ゆうちょ銀行、北洋銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、 足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第四銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、 十六銀行、スルガ銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、南都銀行、紀陽銀行、トマト銀行、 もみじ銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、全国の信用金庫
※提携ATM利用時の手数料は、一部お客様のご負担となります

アイフル で日曜日にお金を借りる

アイフルから日曜日や土曜日にお金を借りるには、インターネット申込&無人契約ルーム「てまいらず」でローンカード受け取りがアイフル 日曜日の最短のお金の借り方になります。 なお、アイフルで融資をお急ぎの方は、パソコン・スマートフォン・ケータイでインターネットでお申し込み完了後、フリーダイヤルへお電話し急ぎでお金を借りたい旨を伝えるとさらに即日融資が可能です。

アイフルで日曜日に即日融資する流れ
(1)スマホ、ケータイ、パソコンからインターネットで24時間申込
(2)電話またはメールで審査回答受け取り後、書類提出サービスやメールで本人確認書類提出
(3)お近くのアイフル無人契約ルーム「てまいらず」でアイフルカード(ローンカード)受け取り
(4)アイフルATM、提携銀行ATM、コンビニ設置の提携先ATMなどでお金を引き出す

アイフル無人契約ルーム「てまいらず」情報
営業時間:8:00〜22:00(土日・祝日を含む) ※審査受付は21:00まで

アイフルで現金引き出し
アイフルで日曜日にお金を借りるなら提携ATMでの借入が確実です。

【提携ATM一覧】
三菱UFJ銀行、セブン銀行、ローソン銀行、イオン銀行、コンビニATM E・net、親和銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、熊本銀行
※アイフルATMは引き続き手数料無料

日曜日に銀行からお金を借りる方法とは

最近では銀行カードローンも使いやすくなってはいますが、即日融資や即日審査に対応していないため、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日にお金を借りるには、銀行カードローンは不向きです。 銀行カードローンでお金を借りたい方は、あらかじめ平日のうちに審査申し込みを行っておく必要があります。 銀行カードローンの特徴として、すでに審査申し込みのうえ審査に通ってローンカードがお手元にある場合には、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でもお金を借りることができます。

>> 日曜日に三菱UFJ銀行 カードローンで借入


三菱ufj カードローン 日曜日対応状況

三菱 ufj カードローンでの日曜日の借入に関して、「発行されたローンカードは発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能」となっているため、日曜日、土曜日に審査申し込みを行いローンカードを受け取れたとしても、利用自体はカード発行日の「翌営業日」となることから、実質、土曜日曜の利用はできません。 なお、すでに三菱UFJ銀行バンクイックのローンカードをお持ちの方でバンクイック 限度額引き上げ(増額)をしたい方は、土・日・祝日でも第二リテールアカウント支店専用ダイヤルに電話でお申し込み可能です。

レイク 日曜日対応状況

新生銀行カードローンのレイクは、銀行ではめずらしく日曜日も審査を行っていますが、大手消費者金融のような審査速度や融資スピードがなく、即日融資には不向きです。 また、銀行カードローンということで審査も厳しいため、優先度は下がりますが、少しでも低金利で借入したいという方は良いかもしれません。

三井住友銀行 カードローン 日曜日対応状況

三井住友銀行 カードローンは日曜日に審査申し込みをした場合に、審査結果が出るのが最短でも翌営業日となってしまうため、土曜、日曜、祝日などの休日にお金を借りることはできません。 スマホやPCから来店不要のインターネット申込は24時間いつでも行っているため、審査申し込み自体はいつでもできますが、実際の借入は翌営業日以降になる点、重要なポイントです。

みずほ銀行 カードローン 日曜日対応状況

みずほ銀行 カードローンは、日曜日でもお申し込み自体は可能ですが、審査は平日対応となっているため、日曜日や土曜日には新規でお金を借りることはできません。 なお、すでにみずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方でカードローン審査に覆っている方は、日曜日や土曜日でも提携コンビニATMなどから夜間までお金借りることができます。

カードローン日曜日キャッシング疑問解決コーナー

日曜日 土曜日の増額は可能?

プロミスで土曜日曜に増額したい!アコムで土日に増額したい!といったように、カードローンを利用していて、土曜日や日曜日に限度額引き上げをしたい!増額したい!という方は結構いらっしゃいます。というのも、週末などは趣味や娯楽、旅行費用などで平日よりもお金が必要となることも多いためです。 そんなときには、多くの大手消費者金融では土曜日曜でも限度額引き上げや増額のお申し込みが可能です。 具体的には、公式サイト内の会員サイトにログインして増額の申し込みをしたり、公式スマホアプリなど増額の申し込みを行います。また、フリーコールやフリーダイヤルに電話をして直接オペレーターに限度額引き上げ希望の旨を伝えることでも、対応してもらえます。 ただし、増額の審査がスムーズに行われるかといったら必ずしもそうとは言い切れません。新規顧客獲得となる新規カードローン申込時とは違い、申込時に審査が行われ一度最適だと思われた利用限度額が適用されているため、その限度額をさらに引き上げるといったら、あらためて審査が必要となるからです。 信用情報を含めた審査とあわせて、借入実績や返済実績など、スムーズなお取り引き(支払い遅延や返済遅延などがなく、きちんと滞りなく返済さてているかなど)が行われているかといった点も重要視されます。 日曜土曜に増額をしたい(お金を使いたい)場合には、あらかじめ余裕を持って増額申請を行うと安心して追加の借入も行えます。 また、ますぐにお金必要で土日のうちに即日融資をしたい場合には、すでにご利用のカードローンで増額希望をするよりも、新規でほかの大手消費者金融を申し込まれたほうが、審査回答最短30分や最短1時間融資など、新規顧客として審査を行ってもらえるため、すぐにお金を借りれる場合もあります。

みんなのカードローン利用目的は?

カードローン特に消費者金融からお金を借りるというと、よほど切羽詰まっているかのように思われがちですが、昔と比べてカードローンキャッシングが身近になった昨今では、カードローンの利用目的も変わってきています。 さらに、利息がかかるのが月割計算ではなく日割計算ということあり、また、返済方法が来店不要の自動引き落としはもちろん口座振替、振込返済、店頭窓口返済(店舗窓口返済)と手間がかからず、返済日を待たずに一部返済や全額返済もできるなど、必要な金額だけお金を借りることができ、気軽に返済もできるので、カードローンがますます身近な存在となっています。 また、借入単位も1,000円、1万円、10万円からと低めの設定なので、少額借入もできて便利です。
・交友費や交際費
・生活費
・趣味や娯楽、旅行費用等
・引っ越しや新生活の準備金
・子供の学費や教育費
・冠婚葬祭にかかる費用

個人間融資ってなに?闇金融業者にご注意

最近なにかと話題の個人間融資掲示板をご存じでしょうか。個人間融資掲示板とは、その名の通り個人間で融資を行うもので、掲示板・ツイッター・Facebook・インスタなどでお金を借りたい人とお金を貸したい人が集まって、お金の貸し借りをしています。 こちらの個人間融資掲示板は、ある意味、業者による審査がないため、無職でお金を借りたい人、学生でお金を借りたいけど借りれない人、専業主婦でお金を借りたい人、ブラックでお金を借りれない人など、審査に通りにくい方などがお金を借りたい!と注目しています。 確かに、明確な審査がなく、カードローンでお金を借りれない人などには嬉しいシステムにも思えますが、こちらの個人間融資掲示板には、闇金融業者(ヤミ金)が混じっていることも多く、法定金利を大幅に超える高金利での貸付であったり、無理な取り立てや返済トラブルに巻き込まれたり…といったトラブルが多発しています。 大手カードローン業者や中小の街金融などの審査に通らない方は、市役所からお金を借りる方法や、国からお金を借りる方法など、ほかにも相談できる場所や借入方法、お金の借り方もあるので、危険な借入は行わずに安心して借り入れできるところからお金をかりましょう。

土曜日・日曜日にお金借りれるエントリー一覧